【運転免許証】色々調べてみた。

日本の自動車運転免許証について調べてみたことについてまとめたいと思います。

運転免許証とは?

日本の運転免許証は、日本国内での自動車・原動機付き自転車の運転を認める国家資格です。警察庁交通課が管理しています。

発行者は?

運転免許証は、各都道府県の公安委員会が発行しています。そのため、免許証表側の右下には、「○○公安委員会」と記載されており、印影も印刷されています。ただし、実務については各都道府県の警察が行っているため、警察が管理している免許センターなどで免許の発行や更新をしています。また、免許証には公安委員会の印影が入っているため、運転免許証は有印公文書となります。

IC 化によって変わったことは?

運転免許証は、2007年(平成19年)から約3年かけて順次 IC チップが組み込まれた IC カードになりました。IC 化したことによって変わったことは以下のとおりです。

  • 個人情報保護のため免許の表側に「本籍」欄がなくなった。
  • 免許の厚さが 0.5mm ⇒ 0.76mm になった。
  • 「氏名」「生年月日」「免許証交付年月日」「有効期間」「免許の種類」「免許証番号」が IC に記録され、1つ目の暗証番号で読み取れるようになった。
  • 「本籍」「顔写真」が IC に記録され、2つ目の暗証番号で読み取れるようになった。

IC 化は偽変造防止のために導入されたようで、データとして個人情報が埋め込まれているため、IC チップがないものはもちろん偽造になりますし、また、免許の表面を偽変造した場合、IC の情報と内容が異なっていれば偽造ということになります。

免許証の偽造した場合の罪は?

免許証は、有印公文書となるため、偽造した場合は、刑法第155条1項、2項の有印公文書偽造罪が適応され、1年以上10年以下の懲役となります。また、偽造された免許証を使った場合は、刑法第158条1項の偽造公文書行使罪が適応され、偽造した場合と同等の1年以上10年以下の懲役となります。

免許証の帯部分の色について

有効期限が記載されている免許の帯部分には色が付いていて、グリーン(若草色)⇒ ブルー(青色)⇒ ゴールド(金色)の3種類あります。色が変わる条件は以下のとおりとなります。

  • 免許とりたて時は、グリーンとなり、3年間有効。
  • グリーンで更新するとブルーとなり、3年間有効。
  • ブルーで3年間、無事故無違反となるとゴールドとなり、5年間有効。

運転免許証の作成方法は?

免許証の表側の作成方法についてです。表側は、おおまかに3種類の作成方法によって画像が形成されているようです。

印刷

「氏名」「住所」などの不動文字や、枠線、帯、赤色の斜線部分などは印刷されたものです。印刷とは、画像や文字などからなる原稿をもとに、版を作り、画線部にインクを外部から与え、これを用紙などの物体上に移すことと定義されます。版を作るため、多数複製することが可能になります。

平版・凹版・凸版・孔版が4大印刷と呼ばれます。

平版の特徴は、平たく一様にインクが付着しています。

昇華型熱転写方式

右下の「顔写真」「○○公安委員会」「○○公安委員会の印影」部分は、昇華型熱転写方式によって作成されています。

昇華型熱転写方式は、サーマルヘッドによって染料系のインクリボンに熱を加えることによって昇華させ、用紙に転写させることによって画像を形成させます。

昇華型熱転写は専用のインクリボンと受像紙を使用します。インクリボンは極薄のポリエステルフィルムにイエロー・マゼンタ・シアンの3原色の昇華性染料が順に塗布されています。受像紙は紙や樹脂の基材上に転写された染料を定着させる特殊なコーティングをしてあります。インクリボンの各色染料をサーマルヘッドの発熱に応じて受像紙に転写し、高精細な画像を形成します。

出典:DNP

昇華型熱転写方式の特徴は、サーマルヘッドの細かい縞模様が観察されます。また、インクリボンを気化させているため、全体的にモヤモヤしています。

溶融型熱転写方式

氏名・住所などの人によって変わる記入文字部分は、溶融型熱転写方式によって作成されています。

溶融型熱転写方式は、サーマルヘッドによって顔料系のインクリボンに熱を加えることによって溶かし、用紙に転写させることによって画像を形成させます。

溶融型熱転写メディアは厚さ3~6ミクロンという極薄のポリエステルフィルムにカーボンや印刷用カラー顔料をワックス系材料と混ぜたインキを数ミクロンの厚さで均一に塗布して製造されます。このフィルムに、サーマルヘッドから熱が伝えられると、その部分だけ溶けて紙やラベルなどに転写され、バーコードなどの画像が形成されます。

出典:DNP

溶融型熱転写方式の特徴は、インクリボンに由来した光沢のある色材が付着しています。

関連記事

引っ越し料金を半額近くまで安くできた方法。

4月中に東京から九州まで引っ越し業者を頼む必要があったのですが、引っ越し料金を半額近くまで安くできた

記事を読む

【JoyCa】月額無料のカーシェアリングに入会してみた。|石川・富山

主に石川県内で使用できる、JoyCa というカーシェアリングに入会してみました。 JoyCa

記事を読む

【e転居】インターネット上で郵便物の転送手続きをやってみた。

通常、引っ越し先の住所が決まったら、旧住所に送られる郵便物を新住所に転送するための手続きをゆうちょ銀

記事を読む

【断捨離】ブックオフ出張買取センターを利用してみた

読まない本と着ない服がたまったので、両方いっぺんに買取に家まで来てくれるサービスを探したところ、BO

記事を読む

【卒業証明書・成績証明書】転職活動のため出身大学に申請してみた。

転職活動で、出身大学の卒業証明書が必要になったので申請してみました。 卒業証明書の取得には、

記事を読む

【学割】Amazon Prime Student を申し込んでみた。

4月から大学院の学生になるため、可能な限り学割を使い尽くそうと思います。 その1つとして、Am

記事を読む

最もお徳感のある 【ふるさと納税】 を申し込んでみた。

2017年のふるさと納税のなかで、個人的にいいなと思ったもので、実際に私が申し込んだものを書きます。

記事を読む

【退職時のお菓子】おすすめのものを調べてみた。

退職時にお世話になった人にあいさつをしてお菓子を配ります。また、普段はそんなにかかわりのない他部署の

記事を読む

【往復割引】新幹線の切符を東京駅~新神戸駅間で1,300円安く購入する方法。

新幹線に乗るためには、乗車券と特急券を購入しなくてはならないのですが、往復割引を使うと乗車券と特急券

記事を読む

EXPRESS CARD を解約する方法

私が EXPRESS CARD を解約する理由 私は、東京~新神戸間で新幹線をたまに使うので、JR

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【Python】pip3 で「cannot import name ‘main’」エラーが出たときの対処法。

Python でライブラリをインストールする際に、pipを使います。

【mecab-python3】parseToNode で surface が正しく取得できないときの対処法。

python3 で mecab-python3 を使うと、parseT

【Python】形態素解析器 Mecab を Linux(Ubuntu)で使ってみた。

Linux の Ubuntu OS に、形態素解析器 Mecab をイ

【Python】NLTK(自然言語処理ライブラリ)を使ってみた。

Python の自然言語処理ライブラリである NLTK を Linux

【Python】OpenCV を使って顔画像を検出してみた。

OpenCV のインストール Numpy のインストール [c

→もっと見る

PAGE TOP ↑