ギミックコイン(手品用コイン)作成で逮捕!!

2017年10月、ギミックコイン作成で逮捕者が出たようです。

ギミックコインについてはこちらの記事に書きました。

今回の事件の詳細について、朝日新聞のURLを貼っておきます。

http://www.asahi.com/articles/ASKB533DZKB5UTIL002.html

ざっくりまとめると、100円や500円硬貨に、

  • 小さな穴を開ける
  • 割って折れるようにする

ように加工し、それらをネットオークションでマジシャンなどに販売し、利益を得ていたということです。

それぞれ、どんなマジックに使えるかというと、

  • 硬貨に小さな穴を開ける ⇒ 硬貨に安全ピンを貫通させる
  • 硬貨を割って折れるようにする ⇒ 硬貨をビンの中に入れる

などが挙げられます。

以前の記事にも書きましたが、硬貨を加工(損傷)すると、「貨幣損傷等取締法違反」という罪になります。

関連記事

手品用のギミックコインについて

今回は、私が気になったネット記事について、調べたことや補足情報を書いていこうと思います。 ギミック

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【転移学習】学習済みVGG16 による転移学習を行う方法【PyTorch】

今回は、PyTorch を使って、学習済みのモデル VGG16 を用い

【PyTorch】畳込みニューラルネットワークを構築する方法【CNN】

今回は、PyTorch を使って畳込みニューラルネットワーク(CNN)

【PyTorch】ニューラルネットワークを構築する方法【NN】

今回は、PyTorch を使って、ニューラルネットワーク(NN)を構築

【OpenCV】検出した顔画像部分を切り出す方法【Python】

OpenCV を使って、Python で画像の中から顔部分を切り出した

【Fashion-MNIST】ファッションアイテムのデータセットを使ってみた【TensorFlow】

今回は、機械学習用に公開されているデータセットの1つである「Fashi

→もっと見る

PAGE TOP ↑