【部首】一点”しんにょう”を表示させる方法。

公開日: : 最終更新日:2021/04/05 文字 , , , , ,

漢字の部首の一つである一点”しんにょう”を表示させたときのメモです。

部首のみをPC上で表示させるときは、IMEなどの手書き入力を使って入力しています。

“しんにょう”をIMEパッドを使って手書き入力すると、点画が2つある2点しんにょうが入力されてしまいました。

」のようなやつです。点画が2つありますよね。。。

これは、部首そのものの文字には文字コードが2つ割り当てられているようです。

部首によっては、この2つの文字コードが全く同じ字形のものもありますが、”しんにょう”では、1つが一点”しんにょう”、もう一方が二点”しんにょう”となっているようです。

なので、逆にいうと、一点”しんにょう”の文字コードで字形を表示させると解決します。

一点”しんにょう”の文字コード(Unicode)は、「2ECCです。

ちなみに、二点”しんにょう”の文字コード(Unicode)は、「8FB6」です。

文字コードから字形を表示させるには、ワード(Word)を使います。

まず、Word を立ち上げて、「2ECC」と半角入力します。

次に、先ほど入力した「2ECC」部分を選択して、「ALT」+「X」キーを押します。

すると、以下のように一点”しんにょう”が表示されました。

Word 以外で使いたければ、これをそのままコピペすればOKです。

関連記事

記事はありませんでした

【耳コピ】音楽ファイルを楽器ごとに分離する方法【Spleeter:フリー】

今回は、mp3 などの音楽ファイルをボーカル、ベース、ドラムなどの楽器

【Chainer】手書き数字認識をしてみた【Deep Learning】

Chainerを用いて、ニューラルネットワークを構築し、手書き数字認識

【Spyder】引数のあるスクリプトを実行する方法。

Python の統合開発環境(IDE)である Spyder では、簡単

【Anaconda】Prompt 上で Git コマンドを実行する方法。

Anaconda のコマンドプロンプト(Anaconda Prompt

【MT4】日付と時間を指定してPCを自動起動させる方法【DELL】

今回は、日付と時間を指定してPCを自動的に起動させる方法について紹介し

→もっと見る

PAGE TOP ↑