【CANSLIM】株の投資方法について調べてみた。

公開日: : 最終更新日:2020/05/05 , , ,

CANSLIM とは、伝説の投資家であるオニールが提唱している株の選定(スクリーニング)方法です。

有望銘柄(将来株価が上昇する銘柄)の選び方で、有望銘柄は7つの特徴を満たしているということです。

CANSLIM という名称は、有望銘柄が満たしている以下の7つの特徴の頭文字を取ったものです。

  • Current earnings(当期四半期のEPSと売り上げ)
  • Annual earnings(年間EPSの増加)
  • New product or service(振興企業、新製品、新経営陣、新高値)
  • Supply and demand(株式の需要と供給)
  • Leader or laggard(主導銘柄か停滞株か)
  • Institutional sponsorship(機関投資家による保有)
  • Marker direction(株式市場の方向)

Current earnings(当期四半期のEPSと売り上げ)

EPS(Earnings Per Share)は、1株当たりの利益のことで、1株に対して当期純利益がいくらあるかを表します。

上場している株式会社は、四半期決算(3ヶ月に1回決算を行う)なのですが、その直近3ヶ月の「売り上げ」と「EPS」が上昇している銘柄を探すということです。

「前年と同じ時期」を比較して上昇しているかを調べます。

オニールによると目安は、

  • 売り上げ=20% 以上上昇
  • EPS(1株益)= 25%以上上昇

ということです。

Annual earnings(年間EPSの増加)

Current earnings は、直近3ヶ月の「売り上げ」と「EPS」を見ましたが、Annual earnings では、年間の「売り上げ」と「EPS」を見ます。

こちらも前年と比較して、

  • 年間売り上げ=25%以上上昇
  • 年間EPS(1株益)=25%以上上昇

を目安としています。

New product or service(振興企業、新製品、新経営陣、新高値)

振興企業とは、日本の場合マザーズに上場している企業のことです。

マザーズとは、東京証券取引所が運営していて、ベンチャー向けの市場で「メルカリ」や「ミクシィ」などの銘柄があります。

Supply and demand(株式の需要と供給)

Supply and demand(株式の需要と供給)とは、「高値を更新した瞬間に出来高が増える」ことです。

出来高とは、「売買が成立した株数」のことです。

この出来高が、前日より 1.5倍以上であればいい、ということです。

Leader or laggard(主導銘柄か停滞株か)

Leader or laggard(主導銘柄か停滞株か)とは、「その銘柄が業界で1位かどうか」ということです。

業界1位なら条件を満たしています。

Institutional sponsorship(機関投資家による保有)

機関投資家とは、個人投資家から集めた資金を運用する法人などのことです。

「直近で機関投資家の買いがあるか」がポイントとなります。

Marker direction(株式市場の方向)

株式市場全体の方向を見きわめる必要があります。

市場全体が上昇トレンドのときに買う必要があります。

参考書籍

関連記事

記事はありませんでした

初心者でも分かるビットコインの仕組みについてまとめてみた。

ビットコインは,時価総額が1位で最も有名な仮想通貨です. 仮

【LaTeX】 見出し付き箇条書きを右にずらす方法【数式の変数説明】

今回は、LaTeX で見出し付き箇条書きの全体の位置を右にずらす方法に

【LaTeX】 余白部分を設定しレイアウトを確認する方法。

今回は、LaTeX の余白部分のレイアウトの変更方法とレイアウトの確認

【LaTeX】 レポートや論文の表紙のテンプレート。

LaTex を使ってレポートや論文を書くときに、表紙をつけると思います

【DTM】 Cubase AI でギターやベースを録音する方法。

今回は、DTM のための DAWソフト Cubase AI でギター(

→もっと見る

PAGE TOP ↑