投資信託にかかる費用について調べてみた。

投資信託を探していると「買付手数料」や「管理費用」などが記載されていたので、今回は、投資信託にかかる費用について調べてみました。

投資信託にかかる費用は、主に、

  • 販売手数料(購入時手数料)
  • 運用管理費用(信託報酬)
  • 信託財産留保額

の3種類に分けられます。

販売手数料(購入時手数料)

販売手数料は、投資家が投資信託の買付時に負担するものになります。

販売会社(証券会社)が受け取る費用です。

最近では、販売手数料が無料のものも多くあり、私が使っている楽天証券ではほとんどが「買付手数料」が「なしとなっています。

例えば、私も買っている「楽天・全米株式インデックス・ファンド」の詳細ページです。

販売手数料がかからないものを「ノーロードファンド」と呼ぶようです。

運用管理費用(信託報酬)

運用管理費用は、運用会社・販売会社・信託銀行にかかる費用です。

これは、年率(%)で表示されています。

例えば、「管理費用」が「0.792%」となっていれば、一年間で「0.792%」かかるという意味になります。

年率(%)で表示されていますが、実際は日割りで支払われます。

なので、「0.792%」を「365(日)」で割った値が費用として発生していることになります。

ちなみに、先ほどの「楽天・全米株式インデックス・ファンド」では、「0.162%」となっており、投資信託の中では、かなり安くなっています。

一方、「ダイワ・チャイナ・ファンド」では、「1.672%」となっており、管理費用が高くなっています。

信託財産留保額

信託財産留保額は、原則として、投資信託の解約時に発生する費用のことです。

ただし、大半の投資信託はかからないようです。

楽天証券の投資信託でもこの表記はみたことがありません。

関連記事

【投資信託】為替ヘッジのあり・なしについて調べてみた。

海外株式などの投資信託を見ていると、「為替ヘッジ有り」と「為替ヘッジ無し」が選べるものがあっ

記事を読む

【CANSLIM】株の投資方法について調べてみた。

CANSLIM とは、伝説の投資家であるオニールが提唱している株の選定(スクリーニング)方法です。

記事を読む

【MT4】日付と時間を指定してPCを自動起動させる方法【DELL】

今回は、日付と時間を指定してPCを自動的に起動させる方法について紹介し

【MT4】PCが再起動しても自動的に起動させる方法【FX自動売買】

今回は、FX 自動売買用のツールの MT4 で、実行しているPCが再起

【MT4】複数口座を同時に起動させる方法【FX・CFD】

今回は、MT4(メタトレーダー4)で複数口座を同時にログインし、起動さ

【MQL4】スプレッドを取得する方法【MT4】

今回は、MQL4 で対象通貨ペアのスプレッドを取得する方法について紹介

【楽天CFD】取引口座を開設してみた【MT4】

今回は、楽天CFDの取引口座(本番口座)の開設方法について紹介します。

→もっと見る

PAGE TOP ↑