【SQLite】基本的な操作をまとめてみた。

Windows で SQLite というデータベースを初めて使用したので、基本的な操作をまとめてみました。

コマンドプロンプトからデータベースに接続

Windows のコマンドプロンプトを立ち上げて「sqlite3.exe」ファイルがあるフォルダに移動します。以下のコマンドでデータベースに接続します。

SQLite のバージョンが表示され、コマンドプロプト上に「sqlite>」と表示されれば接続成功です。

接続したデータべースのテーブル一覧を見る

データベースのテーブルを確認します。対象データベースに接続した状態で「.table」コマンドを入力します。

テーブルのスキーマを確認する

テーブルの構造を確認します。「.schema」コマンドを使用します。

カラム名とデータ型、インデックスなどの情報が見れます。

 

 

関連記事

【DB Browser for SQLite】SQLite を GUI で管理できるツールを使ってみた。

SQLite をコマンドラインで使用していたのですが、GUI で管理できたら便利だなぁと思って SQ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【耳コピ】音楽ファイルを楽器ごとに分離する方法【Spleeter:フリー】

今回は、mp3 などの音楽ファイルをボーカル、ベース、ドラムなどの楽器

【Chainer】手書き数字認識をしてみた【Deep Learning】

Chainerを用いて、ニューラルネットワークを構築し、手書き数字認識

【Spyder】引数のあるスクリプトを実行する方法。

Python の統合開発環境(IDE)である Spyder では、簡単

【Anaconda】Prompt 上で Git コマンドを実行する方法。

Anaconda のコマンドプロンプト(Anaconda Prompt

【MT4】日付と時間を指定してPCを自動起動させる方法【DELL】

今回は、日付と時間を指定してPCを自動的に起動させる方法について紹介し

→もっと見る

PAGE TOP ↑