【断捨離】ブックオフ出張買取センターを利用してみた

読まない本と着ない服がたまったので、両方いっぺんに買取に家まで来てくれるサービスを探したところ、BOOK OFF でやってそうだったので、お願いしようとしました。

が、、結論から言いますと、都内に住んでいる場合は、服の出張買取は不可能で、本の出張買取しかできませんでした。

結局、本の出張買取をお願いしたのですが、どうしてこのような結果になったか、ちょっと紛らわしかったので説明したいと思います。

出張買取センターと店舗出張買取の違いは?

BOOK OFF の出張買取サービスはおおきく分けて以下の2種類あります。

  • 出張買取センター
  • 店舗出張買取

これらは、

  • 対象商品
  • 支払い方法

が異なります。

これらの違いはここに載っています。

https://www.bookoff.co.jp/sell/house.html

まず、対象商品についてですが、出張買取センターは「本・CD・DVD・ゲーム」に限られます。一方、店舗出張買取は「本・CD・DVD・ゲーム・洋服・スポーツ用品・ベビー用品・食器等」その店舗で取り扱っている商品が対象となります。

次に、支払い方法についてですが、出張買取センターは「銀行振込」になります。一方、店舗出張買取は「その場で現金支払い」となります。

要は、店舗出張買取は、BOOK OFF の大型店舗が出張買取しに来るので、対象商品も多く、その場で査定してくれます。

店舗出張買取だと服も買い取ってくれるので、対象店舗を探しました。以下のURLに店舗一覧が載っています。

https://www.bookoff.co.jp/sell/popup_shoplist.html

一覧を見てみると分かりますが、なんと、東京の店舗がありません(大阪はあるのに)。そこで、同じ関東というくくりで、埼玉と群馬の店舗に電話してみましたが、「都内は対象外になるので、出張買取センターの方に連絡してみてください。」と言われてしまいました。

ということで、東京は店舗出張買取の対象外だということが分かりました。

出張買取センターに買取を依頼

そういう訳で、服の買取はあきらめて、本の買取を依頼することにしました。

「宅配買取」というサービスもあり、これは、小さな店舗ごとにやっているようですが、予約がいっぱいのため、「出張買取センター」を勧められました。WEB上から24時間申し込みができます。

https://www.bookoff.co.jp/sell/popup_centerlist.html

地区ごとに分かれているので、対象地域の「申込みフォーム」ボタンを押します。必要な項目を入力すると数日後、電話がかかってきて日程を決めます。直近の日程は埋まっているとのことだったので、数日後を設定しました。

当日までに、ダンボールに本を詰めて、渡すだけです。その際、「出張買取申込書」というものを記載しました。記載項目は、氏名・生年月日・性別・住所・職業・電話番号・振込先銀行口座になります。また、明細希望するか聞かれ、希望すると、後日買取明細が送られてきます。

ちなみに、買取金額は、29点で240円でした。

関連記事

最もお徳感のある 【ふるさと納税】 を申し込んでみた。

2017年のふるさと納税のなかで、個人的にいいなと思ったもので、実際に私が申し込んだものを書きます。

記事を読む

断捨離!ZOZOTOWNの古着買取サービスを利用してみた

あまり着ない洋服がたまってしまってたので、古着を売れるところを色々と探していたところ、ZOZOTAW

記事を読む

【e転居】インターネット上で郵便物の転送手続きをやってみた。

通常、引っ越し先の住所が決まったら、旧住所に送られる郵便物を新住所に転送するための手続きをゆうちょ銀

記事を読む

EXPRESS CARD を解約する方法

私が EXPRESS CARD を解約する理由 私は、東京~新神戸間で新幹線をたまに使うので、JR

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【転移学習】学習済みVGG16 による転移学習を行う方法【PyTorch】

今回は、PyTorch を使って、学習済みのモデル VGG16 を用い

【PyTorch】畳込みニューラルネットワークを構築する方法【CNN】

今回は、PyTorch を使って畳込みニューラルネットワーク(CNN)

【PyTorch】ニューラルネットワークを構築する方法【NN】

今回は、PyTorch を使って、ニューラルネットワーク(NN)を構築

【OpenCV】検出した顔画像部分を切り出す方法【Python】

OpenCV を使って、Python で画像の中から顔部分を切り出した

【Fashion-MNIST】ファッションアイテムのデータセットを使ってみた【TensorFlow】

今回は、機械学習用に公開されているデータセットの1つである「Fashi

→もっと見る

PAGE TOP ↑