将棋|第76期順位戦A級プレーオフ の棋譜分析|2018年3月21日

公開日: : 最終更新日:2018/05/05 将棋 , , , , , ,

2018年3月21日に対局が行われた、稲葉 陽 八段 対 羽生善治 竜王 の第76期順位戦A級プレーオフの棋譜分析の棋譜をコンピュータ将棋ソフトを使って分析してみました。

先手が 稲葉 陽 八段 で、後手が  羽生善治 竜王 です。

戦型は 相掛かり でした。

動画(AbemaTV)終盤から終局まで。

棋譜再生評価値 は以下の URL から見れます。

http://shogi-s.com/result/5ab326f97q

※評価値は、グラフが +方向(上)にいくと先手の 稲葉八段 が有利で、-方向(下)にいくと後手の羽生竜王が有利であることを表しています。

60手目までは、ほぼ互角か、先手がやや指しやすかったようです。

勝負の分かれ目は、61手目の ▲4五金打 でした。ここで、評価値が一気にマイナスに傾き、後手の羽生竜王が優勢になり、そのまま押し切りました。

ここで、▲2二歩成 としているとまだ互角だったようです。

この対局に羽生竜王が勝利して、佐藤天彦名人への挑戦を決めました。羽生竜王にとっては通算100期目のタイトル獲得に向けたタイトル戦がこの名人となりました。

関連記事

将棋|第43期 棋王戦 五番勝負 第4局 の棋譜分析|2018年3月20日

2018年3月20日に対局が行われた、渡辺明棋王 対 永瀬拓矢七段 の第43期棋王戦五番勝負の第4局

記事を読む

【香川愛生】将棋の女流棋士が「りゅうおうのおしごと!」空銀子のコスプレで話題!

将棋の女流棋士の香川愛生(かがわまなお)女流三段が、将棋のアニメ・漫画の「りゅうおうのおしごと!」に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【機械学習】 scikit-learn で不正解データを抽出する方法【Python】

Python の scikit-learn ライブラリを使って機械学習

【Python】 複数の辞書型の同じ key を持つ value を計算に用いる方法。

Python で、複数の辞書型を読み込んで、同じキー(key)を持つ数

【Python】 Series 型を dict(辞書型)に変換する方法。

Python で Series 型を dict(辞書型)に簡単に変換す

【Python】 DataFrame の特定の列で出現回数をカウントして降順でソートする方法。

Python で DataFrame 型の特定の列を指定して、対象列の

【テキストマイニング】 Amebaブログからデータ取得するための準備。

テキストマイニングを行うために、Ameba ブログ(アメブロ)のデータ

→もっと見る

PAGE TOP ↑