【DTM】 Cubase AI でギターやベースを録音する方法。

今回は、DTM のための DAWソフト Cubase AI でギター(Guiter)やベース(Bass)をオーディオインターフェースを通して接続して、音を鳴らしたり、録音する方法について紹介します。

Cubase のバージョンは 10.5 です。
PC の OS は Windows10 を使って、オーディオインターフェースは steinbergUR22mkⅡ を使いました。

※オーディオインターフェースにギターやベースを接続しておきます。

Cubase AI を立ち上げます。

スタジオ」タブ → 「オーディオコネクション」を選択します。

以下のようなウィンドウが開くので、「パスを追加」ボタンをクリックします。

入力パスを追加」ウィンドウが開くので、構成を「Mono」に変更し、「パスを追加」ボタンをクリックします。

オーディオコネクション – 入力」に追加されていることを確認します。

Cubase AI を落としても設定が保存されるように、「プリセット」プルダウンから選択します。

オーディオコネクション – 入力」画面は閉じます。

プロジェクト」タブ → 「トラックを追加」 → 「Audio」を選択し、トラックを追加します。

トラックを選択して、下の方に出ているウィンドウの「●(録画)」ボタンで録画することができます。

さらに、アンプシュミレーターを使って、エフェクターをかけることができます。

Inserts」→「AmpSimulator」を選択します。

Lead」などを選択すると、音を歪ませることができます。

また、リアルタイムにエフェクターをかけることもできます。
その場合は、トラックの「?(スピーカー)」アイコンをクリックし、オレンジ色にします。

すると、ギターやベースの音にリアルタイムでエフェクターをかけれます。

このように、オーディオインターフェースと楽器(ギターやベース)さえあれば、アンプやエフェクターを使うことなく、音を出したり録音したりすることができます。

改めて Cubase と オーディオインターフェースは本当にすごいなぁと思いました。

関連記事

Cubase AI を立ち上げると他のソフトから音が出なくなったときの対処方法。

Cubase AI を立ち上げているときに、YouTubeを観ようとしたら、以下のような「オーディオ

記事を読む

【DTM】 Cubase AI を他の PC で使う方法【移行】

Cubase AI は、DAW(DTMソフト)の1つで、特定の Steinberg 社の製品に付属し

記事を読む

【Cubase】スペースキーで再生停止時に元の位置に戻す方法。

今回は、DTMソフトのCubaseで便利な設定について紹介します。 キーボードのスペースキー(

記事を読む

【転移学習】学習済みVGG16 による転移学習を行う方法【PyTorch】

今回は、PyTorch を使って、学習済みのモデル VGG16 を用い

【PyTorch】畳込みニューラルネットワークを構築する方法【CNN】

今回は、PyTorch を使って畳込みニューラルネットワーク(CNN)

【PyTorch】ニューラルネットワークを構築する方法【NN】

今回は、PyTorch を使って、ニューラルネットワーク(NN)を構築

【OpenCV】検出した顔画像部分を切り出す方法【Python】

OpenCV を使って、Python で画像の中から顔部分を切り出した

【Fashion-MNIST】ファッションアイテムのデータセットを使ってみた【TensorFlow】

今回は、機械学習用に公開されているデータセットの1つである「Fashi

→もっと見る

PAGE TOP ↑