【DTM】 Cubase AI でギターやベースを録音する方法。

今回は、DTM のための DAWソフト Cubase AI でギター(Guiter)やベース(Bass)をオーディオインターフェースを通して接続して、音を鳴らしたり、録音する方法について紹介します。

Cubase のバージョンは 10.5 です。
PC の OS は Windows10 を使って、オーディオインターフェースは steinbergUR22mkⅡ を使いました。

※オーディオインターフェースにギターやベースを接続しておきます。

Cubase AI を立ち上げます。

スタジオ」タブ → 「オーディオコネクション」を選択します。

以下のようなウィンドウが開くので、「パスを追加」ボタンをクリックします。

入力パスを追加」ウィンドウが開くので、構成を「Mono」に変更し、「パスを追加」ボタンをクリックします。

オーディオコネクション – 入力」に追加されていることを確認します。

Cubase AI を落としても設定が保存されるように、「プリセット」プルダウンから選択します。

オーディオコネクション – 入力」画面は閉じます。

プロジェクト」タブ → 「トラックを追加」 → 「Audio」を選択し、トラックを追加します。

トラックを選択して、下の方に出ているウィンドウの「●(録画)」ボタンで録画することができます。

さらに、アンプシュミレーターを使って、エフェクターをかけることができます。

Inserts」→「AmpSimulator」を選択します。

Lead」などを選択すると、音を歪ませることができます。

また、リアルタイムにエフェクターをかけることもできます。
その場合は、トラックの「🔈(スピーカー)」アイコンをクリックし、オレンジ色にします。

すると、ギターやベースの音にリアルタイムでエフェクターをかけれます。

このように、オーディオインターフェースと楽器(ギターやベース)さえあれば、アンプやエフェクターを使うことなく、音を出したり録音したりすることができます。

改めて Cubase と オーディオインターフェースは本当にすごいなぁと思いました。

関連記事

【DTM】 Cubase AI を他の PC で使う方法【移行】

Cubase AI は、DAW(DTMソフト)の1つで、特定の Steinberg 社の製品に付属し

記事を読む

初心者でも分かるビットコインの仕組みについてまとめてみた。

ビットコインは,時価総額が1位で最も有名な仮想通貨です. 仮

【LaTeX】 見出し付き箇条書きを右にずらす方法【数式の変数説明】

今回は、LaTeX で見出し付き箇条書きの全体の位置を右にずらす方法に

【LaTeX】 余白部分を設定しレイアウトを確認する方法。

今回は、LaTeX の余白部分のレイアウトの変更方法とレイアウトの確認

【LaTeX】 レポートや論文の表紙のテンプレート。

LaTex を使ってレポートや論文を書くときに、表紙をつけると思います

【DTM】 Cubase AI でギターやベースを録音する方法。

今回は、DTM のための DAWソフト Cubase AI でギター(

→もっと見る

PAGE TOP ↑