住信SBIネット銀行で外貨預金をしてみた【米ドル】

公開日: : 最終更新日:2021/05/22 FX・外貨預金 , , , , , ,

住信SBIネット銀行を使って、円を米ドルに換えてみました。

今回はリスク分散のためなので、長期保有目的で、FX ではなく外貨預金にしました。

外貨預金ができるネット銀行は色々あるのですが、住信SBIを選んだのは、円と米ドルを交換する際の手数料が 1ドル当たり 0.4 銭と他の銀行と比較して1番安かったからです(米ドルだけ安くて、ユーロなどは普通の手数料のようです)。

外貨預金では、買付時と売却時に手数料が掛かり、それが FX と比べて高く設定されています。そのため、短期売買には向いてなくて、長期売買に向いているといわれています。

ただ、外貨預金でも、かなりの円安ドル高になった場合は円に戻すつもりなので、手数料は抑えたかったので住信SBIにしました。

まず、住信SBIネット銀行にログインした状態で、ホーム画面にいき、「商品・サービス」タブを選択し、「預金」カテゴリから「外貨預金」を選択します。

外貨預金のページにいきます。

少し下にいくと、「現在の買付レート」部分に、円と外貨の買付レートが表示されています。

色々並んでいますが、「米ドル/円」部分を選択します。

出金口座」「入金口座」「注文方法」を選択し、「買付金額」を入力します。

ちなみに、注文方法は、リアルタイム指値注文ができるようです。指値注文とは、希望する価格(例えば、1ドル160円)になれば買い(売り)ができる注文方法のことです。

今回はリアルタイム注文にしましたが、今度、指値注文もしてみる予定です。

あとは、WEB取引パスワードを入力し、「外貨普通預金 注文完了」と出れば取引完了です。

関連記事

【住信SBIネット】外貨預金で過去に取引した1ドル当たりの円相場を確認する方法

住信SBIネット銀行で外貨預金で複数回米ドルを買っているのですが、過去に取引したそれぞれの為替相場(

記事を読む

【楽天FX】チャート上にボリンジャーバンドを表示させる方法。

FX のテクニカル指標の1つであるボリンジャーバンド(Bollinger Band)について調べてみ

記事を読む

【楽天FX】レバレッジやロスカット率を設定する方法。

今回は、楽天FXでレバレッジやロスカット率を設定する方法について紹介します。 レバレッジやロス

記事を読む

【自動注文】外貨預金を指値注文してみた【住信SBIネット】

外貨は為替レートが 24時間365日 動いているので、寝ている間に変動してしまって売買のタイミングを

記事を読む

【楽天FX】楽天証券口座から証拠金を入金する方法。

楽天FXで主にドル円を売買をしているのですが、急落したときに備えて、ロスカット(損切)されないために

記事を読む

【楽天CFD】取扱銘柄とスプレッドについて調べてみた。

楽天証券のCFDでは、MT4上でトレードができ、自動売買も使えるのが特徴ということもあり、興味がでて

記事を読む

【耳コピ】音楽ファイルを楽器ごとに分離する方法【Spleeter:フリー】

今回は、mp3 などの音楽ファイルをボーカル、ベース、ドラムなどの楽器

【Chainer】手書き数字認識をしてみた【Deep Learning】

Chainerを用いて、ニューラルネットワークを構築し、手書き数字認識

【Spyder】引数のあるスクリプトを実行する方法。

Python の統合開発環境(IDE)である Spyder では、簡単

【Anaconda】Prompt 上で Git コマンドを実行する方法。

Anaconda のコマンドプロンプト(Anaconda Prompt

【MT4】日付と時間を指定してPCを自動起動させる方法【DELL】

今回は、日付と時間を指定してPCを自動的に起動させる方法について紹介し

→もっと見る

PAGE TOP ↑