【楽天FX】レバレッジやロスカット率を設定する方法。

公開日: : 最終更新日:2021/05/12 FX・外貨預金 , , , , ,

今回は、楽天FXでレバレッジやロスカット率を設定する方法について紹介します。

レバレッジやロスカット率は、基本的に損切しないポリシーの私にとっては、かなり重要なポイントだと考えております。

楽天FXでの設定では、結論からいうと、一番安全な設定は、「レバレッジ5倍コース」のロスカット率「20%」です。

私もこの設定にしています。

ロスカット率20%というのは、「評価損益」が「有効証拠金」の 80%(100%-20%) 以下になると、強制的に決済されてしまう、ということを表しています。

なので、ロスカット率が低ければ低いほど、ロスカットされにくくなります。

そして、最低のロスカット率が20%ということです。

楽天FXにおけるレバレッジ

楽天FXではレバレッジが、

  • 1倍コース
  • 2倍コース
  • 5倍コース
  • 10倍コース
  • 25倍コース

の5種類があります。

そして、「1倍コース」「2倍コース」「5倍コース」については、最低のロスカット率は「20%」となっています。

ちなみに「10倍コース」では、最低のロスカット率は「40%」、「25倍コース」では「50%」と上がっていきます。

設定(変更)方法

楽天FXでレバレッジやロスカット率を設定(変更)方法について説明します。

まず、楽天FXにログインし、上部の「口座」メニュー →「各種設定」を選択します。

各種設定」画面が開くので、「レバレッジ設定」を選択します。

そこで、現在のレバレッジ設定が表示されているので、変更を行います。

口座開設時は、レバレッジ「25倍コース」、ロスカット率「50%」に設定されているようです。

関連記事

【楽天FX】チャート上にボリンジャーバンドを表示させる方法。

FX のテクニカル指標の1つであるボリンジャーバンド(Bollinger Band)について調べてみ

記事を読む

【楽天FX】楽天証券口座から証拠金を入金する方法。

楽天FXで主にドル円を売買をしているのですが、急落したときに備えて、ロスカット(損切)されないために

記事を読む

【住信SBIネット】外貨預金で過去に取引した1ドル当たりの円相場を確認する方法

住信SBIネット銀行で外貨預金で複数回米ドルを買っているのですが、過去に取引したそれぞれの為替相場(

記事を読む

【楽天CFD】取扱銘柄とスプレッドについて調べてみた。

楽天証券のCFDでは、MT4上でトレードができ、自動売買も使えるのが特徴ということもあり、興味がでて

記事を読む

住信SBIネット銀行で外貨預金をしてみた【米ドル】

住信SBIネット銀行を使って、円を米ドルに換えてみました。 今回はリスク分散のため

記事を読む

【自動注文】外貨預金を指値注文してみた【住信SBIネット】

外貨は為替レートが 24時間365日 動いているので、寝ている間に変動してしまって売買のタイミングを

記事を読む

【MT4】日付と時間を指定してPCを自動起動させる方法【DELL】

今回は、日付と時間を指定してPCを自動的に起動させる方法について紹介し

【MT4】PCが再起動しても自動的に起動させる方法【FX自動売買】

今回は、FX 自動売買用のツールの MT4 で、実行しているPCが再起

【MT4】複数口座を同時に起動させる方法【FX・CFD】

今回は、MT4(メタトレーダー4)で複数口座を同時にログインし、起動さ

【MQL4】スプレッドを取得する方法【MT4】

今回は、MQL4 で対象通貨ペアのスプレッドを取得する方法について紹介

【楽天CFD】取引口座を開設してみた【MT4】

今回は、楽天CFDの取引口座(本番口座)の開設方法について紹介します。

→もっと見る

PAGE TOP ↑