楽天FX・CFDの確定申告について調べてみた。

公開日: : 最終更新日:2022/02/14 FX・外貨預金 , , , , , ,

今回は、楽天FX・楽天CFDの確定申告について、手順などを調べたことについてまとめてみました。

まず、確定申告について調べてみました。

金融所得に対する確定申告

確定申告の時期は決まっていて、本記事を書いている2022年(令和4年)の場合、「2022年(令和4年)2月16日(水)~3月15日(火)」の間となっています。

2022年の場合、2021年中の金融所得に対して確定申告を行い、税金を納めることになります。

金融所得の税率は、2022年1月現在、一律 20% と決まっています。

20%のうち、所得税が 15%、住民税が 5%という内訳になっています。

ちなみに、所得税が国に治める国税で、住民税は地方自治体に治める地方税となっています。

年間譲渡所得が20万円未満の場合は、税金を納める必要がないので、確定申告も不要となります。

また、楽天証券の場合、「NISA口」「座特定口座(源泉徴収あり)」は確定申告の必要はありません。

NISA口座は、そもそも非課税であり、特定口座(源泉徴収あり)は、自動的に利益に対して税金が徴収されています。

一方、楽天証券の「特定口座(源泉徴収なし)」「一般口座」については確定申告が必要となります。

一般口座とは、「楽天CFD」「楽天MT4」「楽天FX」などのことです。

「特定口座(源泉徴収あり)」だと、年間譲渡所得が20万円未満の場合でも源泉徴収されてしまうので、注意が必要です。

NISA口座だと、譲渡所得が非課税になるだけではなく、投資額にかかる配当金についても非課税となります。

楽天証券一般口座の年間損益の取得方法

楽天証券にログインして、一般口座(「楽天CFD」「楽天MT4」「楽天FX」)の年間損益を出し、それを国税のページに入力するという手順になります。

ここでは、一般口座の年間損益の確認方法についての手順となります。

楽天証券にログインし、「損益・税金履歴」タブの「年間損益計算(一般口座・その他)」を選択します。

「すべて」もしくは「先物(FX、CFD、バイナリー含む)」を選択し、「PDF表示」ボタンからPDFファイルをダウンロードできます。

ふるさと納税の確定申告

金融所得の確定申告をする場合、ふるさと納税の確定申告も同時に行わなければなりません。

※ワンストップ特例をしていたでも、必ず確定申告しないといけないようです。

ふるさと納税の確定申告についても併せて手順を紹介します。

もし、楽天市場でふるさと納税をしている場合は、以下のページを参考に、確定申告時に提出する書類を出力することができます。

https://event.rakuten.co.jp/furusato/guide/final-return.html

一旦、証明書のデータ「XXXX.xml」ファイルをダウンロードして、以下の国税庁のサイトから PDFファイルに変換します。

https://www.e-tax.nta.go.jp/cps/cps.htm?l-id=furusato_pc_guide_final-return_10

OS や ブラウザの種類によって処理が異なるようですが、OSにソフトをインストールし、さらに、ブラウザにプラグインを追加しました。

先ほど出力した XMLファイルを読み込み、PDFに変換し「寄附金控除に関する証明書」のような名前のPDFファイルを印刷しました。

確定申告手順

楽天証券の一般口座(「楽天CFD」「楽天MT4」「楽天FX」)の確定申告手順についてまとめていきます。

今回は、e-tax を使わない手順となります。

国税庁の以下のページから必要事項を入力し、作成していきます。

https://www.keisan.nta.go.jp/kyoutu/ky/sm/top?#bsctrl

「作成開始」ボタン →「印刷して提出」ボタンと進みます。

金融所得は、分離課税となり、一般口座(「楽天CFD」「楽天MT4」「楽天FX」)の取引は、「先物取引に係る雑所得等」項目の「入力する」ボタンを押します。

「1 所得区分」は「雑所得用」のままで問題ありません。

「2 取引の内訳入力」の各項目に損益などを入力していきます。

入力項目を赤枠で囲ってあります。

「取引の内容」項目の「種類」は、「先物取引」とします。

これは、「楽天CFD」「楽天MT4」「楽天FX」を全部合わせたものになります。

「決済の方法」は、「差金決済」とします。

「決済年月日」「数量」は空欄で問題ないかと思います。

「収入」項目の差金等決済に係る利益又は損失の額」に楽天証券一般口座の年間損益で算出された金額を入力します。

「必要経費等」項目に、書籍やセミナー費などの経費を入力します。

書籍の場合、書籍」とし、複数冊あった場合も合計した金額を入力します。

次に、ふるさと納税を入力します。

「所得控除の入力」→「寄附金控除」→「入力する」ボタンと進みます。

上の図のように、複数寄付先がある場合は、「XX町 ほか」と記載し、金額は全ての合計金額を入力すればOKです。

源泉徴収票のデータを入力

サラリーマンの場合は「源泉徴収票」のデータを入力します。

会社から配布される「源泉徴収票」を見ながら入力していきます。

以上の入力ができたら、最終的に、PDFファイルをダウンロードし、そのPDFファイルを印刷します。

PDFファイル名は「r3syotoku.pdf」のようなものになります。

関連記事

【住信SBIネット】外貨預金で過去に取引した1ドル当たりの円相場を確認する方法

住信SBIネット銀行で外貨預金で複数回米ドルを買っているのですが、過去に取引したそれぞれの為替相場(

記事を読む

【自動注文】外貨預金を指値注文してみた【住信SBIネット】

外貨は為替レートが 24時間365日 動いているので、寝ている間に変動してしまって売買のタイミングを

記事を読む

【楽天FX】レバレッジやロスカット率を設定する方法。

今回は、楽天FXでレバレッジやロスカット率を設定する方法について紹介します。 レバレッジやロス

記事を読む

【楽天FX】チャート上にボリンジャーバンドを表示させる方法。

FX のテクニカル指標の1つであるボリンジャーバンド(Bollinger Band)について調べてみ

記事を読む

【楽天CFD】取扱銘柄とスプレッドについて調べてみた。

楽天証券のCFDでは、MT4上でトレードができ、自動売買も使えるのが特徴ということもあり、興味がでて

記事を読む

住信SBIネット銀行で外貨預金をしてみた【米ドル】

住信SBIネット銀行を使って、円を米ドルに換えてみました。 今回はリスク分散のため

記事を読む

【楽天FX】楽天証券口座から証拠金を入金する方法。

楽天FXで主にドル円を売買をしているのですが、急落したときに備えて、ロスカット(損切)されないために

記事を読む

【FX】投資用PCをマルチモニター(4画面)にしてみた。

今回は、投資用にPCをマルチモニタで4画面にしてみたので、その方法を紹介します。 マルチモニタ

記事を読む

【転移学習】学習済みVGG16 による転移学習を行う方法【PyTorch】

今回は、PyTorch を使って、学習済みのモデル VGG16 を用い

【PyTorch】畳込みニューラルネットワークを構築する方法【CNN】

今回は、PyTorch を使って畳込みニューラルネットワーク(CNN)

【PyTorch】ニューラルネットワークを構築する方法【NN】

今回は、PyTorch を使って、ニューラルネットワーク(NN)を構築

【OpenCV】検出した顔画像部分を切り出す方法【Python】

OpenCV を使って、Python で画像の中から顔部分を切り出した

【Fashion-MNIST】ファッションアイテムのデータセットを使ってみた【TensorFlow】

今回は、機械学習用に公開されているデータセットの1つである「Fashi

→もっと見る

PAGE TOP ↑