【楽天CFD】取扱銘柄とスプレッドについて調べてみた。

公開日: : 最終更新日:2021/04/24 FX・外貨預金 , , , ,

楽天証券のCFDでは、MT4上でトレードができ、自動売買も使えるのが特徴ということもあり、興味がでてきました。

そこで今回は、楽天証券のCFDで取り扱っている株価指数銘柄とスプレッドについて調べてみました。

取扱銘柄

楽天証券CFDで取り扱っている株価指数銘柄は、

  • 日経225
  • NYダウ
  • S&P500
  • NASDAQ100
  • イギリスFTSE100
  • ドイツDAX
  • ユーロ・ストックス50

の7銘柄です。

スプレッド

スプレッドについては、市場の動向により変化するようです。

2021年4月時点でのスプレッドの一覧を載せておきます(MT4の画面です)。

赤枠部分の「!」の行がスプレッドとなっています。

上の表の見方は、買値(Ask)と売値(Bid)の差がスプレッドになるのですが、銘柄の国によって単位が異なるようです。

例えば、US500(S&P500)のスプレッドは、ドル表示になり、「0.5ドル」ということになります。

このままでは各銘柄のスプレッドの比較がしずらいので、単位を円に直したものを以下に載せておきます。

  • JP225(日経225)→ 5円
  • US30(NYダウ)→ 4.54ドル(約454円)
  • US500(S&P500)→  0.5ドル(約50円)
  • NAS100(NASDAQ100)→ 2ドル(約200円)
  • UK100(イギリスFTSE100)→ 2ポンド(約300円)
  • GER30(ドイツ30)→ 8.4ユーロ(約1,100円)
  • EU50(ユーロ・ストックス50)→ 4.54ユーロ(約600円)

また、スプレッドが割安かどうかを判断するには、スプレッドの価格だけでは比較ができません。

それは、各銘柄で買値に差があるからです。

そこで、スプレッドを買値で割った値をパーセント(%)で計算してみました。

以下の表をご覧ください。

値が低いとスプレッドが安い銘柄となります。

表に示したとおり、スプレッドが割安な銘柄は割安な順に、

  • S&P500
  • NYダウ
  • NASDAQ100

となり、0.012~0.014%となりました。

買値とスプレッドは単位がドルや円など、ばらばらなので注意してください。

今回、楽天CFDで取り扱っている銘柄のスプレッドについて調べ、比較したところ、

やはり、アメリカ株の3銘柄が割安だということがわかりました。

関連記事

【楽天FX】レバレッジやロスカット率を設定する方法。

今回は、楽天FXでレバレッジやロスカット率を設定する方法について紹介します。 レバレッジやロス

記事を読む

【楽天FX】チャート上にボリンジャーバンドを表示させる方法。

FX のテクニカル指標の1つであるボリンジャーバンド(Bollinger Band)について調べてみ

記事を読む

【楽天FX】楽天証券口座から証拠金を入金する方法。

楽天FXで主にドル円を売買をしているのですが、急落したときに備えて、ロスカット(損切)されないために

記事を読む

住信SBIネット銀行で外貨預金をしてみた【米ドル】

住信SBIネット銀行を使って、円を米ドルに換えてみました。 今回はリスク分散のため

記事を読む

【自動注文】外貨預金を指値注文してみた【住信SBIネット】

外貨は為替レートが 24時間365日 動いているので、寝ている間に変動してしまって売買のタイミングを

記事を読む

【住信SBIネット】外貨預金で過去に取引した1ドル当たりの円相場を確認する方法

住信SBIネット銀行で外貨預金で複数回米ドルを買っているのですが、過去に取引したそれぞれの為替相場(

記事を読む

【TensorFlow】GPUを認識しない時の対処方法【Python】

TensorFlow で GPU を認識させようとしたときにハマってし

【耳コピ】音楽ファイルを楽器ごとに分離する方法【Spleeter:フリー】

今回は、mp3 などの音楽ファイルをボーカル、ベース、ドラムなどの楽器

【Chainer】手書き数字認識をしてみた【Deep Learning】

Chainerを用いて、ニューラルネットワークを構築し、手書き数字認識

【Spyder】引数のあるスクリプトを実行する方法。

Python の統合開発環境(IDE)である Spyder では、簡単

【Anaconda】Prompt 上で Git コマンドを実行する方法。

Anaconda のコマンドプロンプト(Anaconda Prompt

→もっと見る

PAGE TOP ↑