【楽天FX】チャート上にボリンジャーバンドを表示させる方法。

公開日: : 最終更新日:2021/04/18 FX・外貨預金 , , , ,

FX のテクニカル指標の1つであるボリンジャーバンド(Bollinger Band)について調べてみました。

さらに、ボリンジャーバンドを楽天FXのチャート上に表示させる方法についても調べました。

ボリンジャーバンドとは?

ボリンジャーバンドとは、価格変動の激しさを表す指標です。

具体的には、中央の線(移動平均線)に対して±3本の線を引くことができます。

これは、チャートの過去のバラツキを示しています。過去にどの程度の範囲内に収まっているかを知ることができます。

移動平均線に近い線で囲まれた範囲が±1σ(シグマ)のボリンジャーバンドを表していて、68.27%の確率で範囲内に収まります。

また、±2σ(シグマ)のボリンジャーバンドには、95.45%の確率で収まり、±3σ(シグマ)のボリンジャーバンドには、99.75%の確率で収まります。

ここで注意が必要なのですが、ボリンジャーバンド内に収まる確率は、あくまでも過去のデータに対してなので、未来のデータについては分からないということです。

楽天FXで表示

楽天FXのブラウザ画面のチャート上にボリンジャーバンドを表示させてみます。

まず、楽天FXにログインして、チャートを表示させます。

次に、「全体設定」アイコン(歯車のマーク)を押して、「トレンド」→「ボリンジャーバンド」を選択します。

色分けされたボリンジャーバンドが表示されます。

ちなみに、右側のメニューで選択すると、太線で表示してくれます。

関連記事

【住信SBIネット】外貨預金で過去に取引した1ドル当たりの円相場を確認する方法

住信SBIネット銀行で外貨預金で複数回米ドルを買っているのですが、過去に取引したそれぞれの為替相場(

記事を読む

住信SBIネット銀行で外貨預金をしてみた【米ドル】

住信SBIネット銀行を使って、円を米ドルに換えてみました。 今回はリスク分散のため

記事を読む

【楽天CFD】取扱銘柄とスプレッドについて調べてみた。

楽天証券のCFDでは、MT4上でトレードができ、自動売買も使えるのが特徴ということもあり、興味がでて

記事を読む

【自動注文】外貨預金を指値注文してみた【住信SBIネット】

外貨は為替レートが 24時間365日 動いているので、寝ている間に変動してしまって売買のタイミングを

記事を読む

楽天FX・CFDの確定申告について調べてみた。

今回は、楽天FX・楽天CFDの確定申告について、手順などを調べたことについてまとめてみました。

記事を読む

【楽天FX】レバレッジやロスカット率を設定する方法。

今回は、楽天FXでレバレッジやロスカット率を設定する方法について紹介します。 レバレッジやロス

記事を読む

【FX】投資用PCをマルチモニター(4画面)にしてみた。

今回は、投資用にPCをマルチモニタで4画面にしてみたので、その方法を紹介します。 マルチモニタ

記事を読む

【楽天FX】楽天証券口座から証拠金を入金する方法。

楽天FXで主にドル円を売買をしているのですが、急落したときに備えて、ロスカット(損切)されないために

記事を読む

【転移学習】学習済みVGG16 による転移学習を行う方法【PyTorch】

今回は、PyTorch を使って、学習済みのモデル VGG16 を用い

【PyTorch】畳込みニューラルネットワークを構築する方法【CNN】

今回は、PyTorch を使って畳込みニューラルネットワーク(CNN)

【PyTorch】ニューラルネットワークを構築する方法【NN】

今回は、PyTorch を使って、ニューラルネットワーク(NN)を構築

【OpenCV】検出した顔画像部分を切り出す方法【Python】

OpenCV を使って、Python で画像の中から顔部分を切り出した

【Fashion-MNIST】ファッションアイテムのデータセットを使ってみた【TensorFlow】

今回は、機械学習用に公開されているデータセットの1つである「Fashi

→もっと見る

PAGE TOP ↑