【楽天FX】チャート上にボリンジャーバンドを表示させる方法。

公開日: : 最終更新日:2021/04/18 FX・外貨預金 , , , ,

FX のテクニカル指標の1つであるボリンジャーバンド(Bollinger Band)について調べてみました。

さらに、ボリンジャーバンドを楽天FXのチャート上に表示させる方法についても調べました。

ボリンジャーバンドとは?

ボリンジャーバンドとは、価格変動の激しさを表す指標です。

具体的には、中央の線(移動平均線)に対して±3本の線を引くことができます。

これは、チャートの過去のバラツキを示しています。過去にどの程度の範囲内に収まっているかを知ることができます。

移動平均線に近い線で囲まれた範囲が±1σ(シグマ)のボリンジャーバンドを表していて、68.27%の確率で範囲内に収まります。

また、±2σ(シグマ)のボリンジャーバンドには、95.45%の確率で収まり、±3σ(シグマ)のボリンジャーバンドには、99.75%の確率で収まります。

ここで注意が必要なのですが、ボリンジャーバンド内に収まる確率は、あくまでも過去のデータに対してなので、未来のデータについては分からないということです。

楽天FXで表示

楽天FXのブラウザ画面のチャート上にボリンジャーバンドを表示させてみます。

まず、楽天FXにログインして、チャートを表示させます。

次に、「全体設定」アイコン(歯車のマーク)を押して、「トレンド」→「ボリンジャーバンド」を選択します。

色分けされたボリンジャーバンドが表示されます。

ちなみに、右側のメニューで選択すると、太線で表示してくれます。

関連記事

【住信SBIネット】外貨預金で過去に取引した1ドル当たりの円相場を確認する方法

住信SBIネット銀行で外貨預金で複数回米ドルを買っているのですが、過去に取引したそれぞれの為替相場(

記事を読む

【楽天FX】レバレッジやロスカット率を設定する方法。

今回は、楽天FXでレバレッジやロスカット率を設定する方法について紹介します。 レバレッジやロス

記事を読む

住信SBIネット銀行で外貨預金をしてみた【米ドル】

住信SBIネット銀行を使って、円を米ドルに換えてみました。 今回はリスク分散のため

記事を読む

【自動注文】外貨預金を指値注文してみた【住信SBIネット】

外貨は為替レートが 24時間365日 動いているので、寝ている間に変動してしまって売買のタイミングを

記事を読む

【楽天FX】楽天証券口座から証拠金を入金する方法。

楽天FXで主にドル円を売買をしているのですが、急落したときに備えて、ロスカット(損切)されないために

記事を読む

【楽天CFD】取扱銘柄とスプレッドについて調べてみた。

楽天証券のCFDでは、MT4上でトレードができ、自動売買も使えるのが特徴ということもあり、興味がでて

記事を読む

【TensorFlow】GPUを認識しない時の対処方法【Python】

TensorFlow で GPU を認識させようとしたときにハマってし

【耳コピ】音楽ファイルを楽器ごとに分離する方法【Spleeter:フリー】

今回は、mp3 などの音楽ファイルをボーカル、ベース、ドラムなどの楽器

【Chainer】手書き数字認識をしてみた【Deep Learning】

Chainerを用いて、ニューラルネットワークを構築し、手書き数字認識

【Spyder】引数のあるスクリプトを実行する方法。

Python の統合開発環境(IDE)である Spyder では、簡単

【Anaconda】Prompt 上で Git コマンドを実行する方法。

Anaconda のコマンドプロンプト(Anaconda Prompt

→もっと見る

PAGE TOP ↑