【R言語】SQLite に接続するために、RSQLite パッケージをインストールする。

r言語で データベース SQLite に接続するために、RSQLite パッケージをインストールしたときのメモです。

r のコンソールを立ち上げて、「install.packages」コマンドでライブラリをインストールします。

library」コマンドで RSQLite パッケージを読み込みます。

.db」ファイルがあるディレクトリまで「setwd()」コマンドで移動します。ちなみに、現在のディレクトリは「getwd()」コマンドで確認することができます。

SQL 文を実行するには「dbSendQuery」を使い、実際にデータを取得する場合は「fetch」を使います。ちなみに、fetch は動詞で「(ものを)取ってくる」といった意味があります。

 

関連記事

【R言語】RConsoleで背景色・文字色を変更する方法

R言語の RGui の RConsole 画面は、デフォルトでは背景色が白色、文字色が黒色となってい

記事を読む

【R言語】ggplot2 パッケージをインストールした。

R言語でグラフなどを綺麗に描画するために、「ggplot2」パッケージをインストールしたときのメモで

記事を読む

【R言語】Windows にインストールする方法

Window に R言語をインストールしたときのメモです。 以下の公式ページに行き、インストー

記事を読む

【R言語】ランダムフォレストをインストールする。

r言語で機械学習のライブラリ、randomForest(ランダムフォレスト)パッケージをインストール

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【MT4】日付と時間を指定してPCを自動起動させる方法【DELL】

今回は、日付と時間を指定してPCを自動的に起動させる方法について紹介し

【MT4】PCが再起動しても自動的に起動させる方法【FX自動売買】

今回は、FX 自動売買用のツールの MT4 で、実行しているPCが再起

【MT4】複数口座を同時に起動させる方法【FX・CFD】

今回は、MT4(メタトレーダー4)で複数口座を同時にログインし、起動さ

【MQL4】スプレッドを取得する方法【MT4】

今回は、MQL4 で対象通貨ペアのスプレッドを取得する方法について紹介

【楽天CFD】取引口座を開設してみた【MT4】

今回は、楽天CFDの取引口座(本番口座)の開設方法について紹介します。

→もっと見る

PAGE TOP ↑