【Amazon API】商品情報が取得できなくなった時の対処方法|2020年4月~

本ブログの Amazon 商品へのリンクは、「AmazonJS」という WordPress のアドオンを使っているのですが、 2020年4月頃から 商品情報が取得できなくなり、以下のようにずっとくるくる回っている状態になりました。。(Amazon へのリンクもなし)

そういえば、Python を使った商品情報の取得方法 でも API を使っていて、案の定エラーが返ってきてしまいました。

まいったなぁということで、少し調べてみると、Amazonから「重要なお知らせ」として以下のような通知がきていました。

「現在AmazonのProduct Advertising API (PA-API) をお使いの方は、PA-API 4.0に対してシステムコールを行うすべてのアプリケーションを、すぐにAmazon Product Advertising API version 5.0 (PA-API 5.0) へアップグレードしてください。2020年3月 31日をもって、PA API 4は完全にサービスを停止します。サービス停止後は、PA-API 4に対してシステムコールを行ってもAmazonの製品情報を取得することができません。PA-API 4.0へのシステムコールにはエラーメッセージ『404』が返されることになります。すでにアップグレード済み、またはPA-APIをお使いでない場合は、対応していただく必要はありません。」

どうやら、「Amazon Product Advertising API version 5.0 (PA-API 5.0) へアップグレード」が必要ということみたいです。

これまで使っていた API が「PA-API 4.0」で、「PA-API 5.0」への移行が必要とのことみたいです。

認証キーの取得

PA-API 5.0」へ移行するためには、

  • Access Key(アクセスキー)
  • Secret Key(シークレットキー)

を新たに取得すれば良いみたいです。

まず、以下のページに行きます。

https://affiliate.amazon.co.jp/assoc_credentials/home

そして、下の方の「認証キーの管理」→「新しい認証キーを取得する」ボタンをクリックします。

移行の確認をされるので、「続ける」ボタンをクリックします。

CSV ファイルがダウンロードされるので、大切に保管します。

Amazon JS の認証キーの更新

WordPress の プラグイン「Amazon JS」の認証キーを更新します。

WordPress の「プラグイン」→「Amazon JS」→「設定」をクリックします。

  • アクセスキーID
  • シークレットアクセスキー

を新たに取得したものを入力し、「変更を保存」ボタンをクリックします。

先ほど取得できていなかった商品が、取得できていることが確認できました。

関連記事

【WordPress】STINGER3 でGoogleアドセンスを自動広告にしてみた。

Googleアドセンスの自動広告というのが出ていたので、ちょうど月初めということもあり 2018年5

記事を読む

【WordPress】広告を横に2つ並べて、table の枠線を消す方法。

今回は、WordPress で広告を横に2つ並べて表示(ダブルレクタングル)する方法を紹介します。

記事を読む

WordPress で SSL 化をしてみた【XREA サーバ】

ついに本ブログサイトの SSL 化をしました。その時のメモです。 いつかはしないととは思ってい

記事を読む

【Linux】 ローカルに Python をインストールする方法。

今回は、Linux サーバに、root 権限なしで、ローカルに Pyt

【Linux】 ファイルの重複した行を削除して、ファイルを結合する方法。

大容量の CSV ファイルの重複した行を削除して、ファイルを結合する処

【画像認識】 Google画像検索結果を取得する方法 【google image download】

今回は、深層学習(DeepLearning)で画像認識をするための画像

【深層学習】 TensorFlow と Keras をインストールする【Python】

今回は、Google Colaboratory 上で、深層学習(Dee

【競馬統計】馬の性別と回収率の関係は!?【単勝・複勝】

今回は、馬の性別と回収率の関係について、過去の競馬レースデータを用いて

→もっと見る

PAGE TOP ↑