【WordPress】STINGER3 でGoogleアドセンスを自動広告にしてみた。

公開日: : 最終更新日:2020/04/21 Webサイト運営 , , ,

Googleアドセンスの自動広告というのが出ていたので、ちょうど月初めということもあり 2018年5月1日から変更してみたときのメモです。

Googleアドセンスの自動広告は、head 部分にコードを記載するだけで、機械学習で自動的に広告を配置してくれるというものになります。

このブログは、WordPress で作成していて、テーマは STINGER3というものを使っています。

手順としては、

  1. これまで設定していた広告を削除する。
  2. 自動広告のコードを<head>タグ部分に埋め込む。

という流れになります。

これまで設定していた広告を削除

外観」⇒「ウィジェット」で広告を設定していました。

右の方にある「Googleアドセンス用」のテキストにコードを記載していたので、削除します。

ちなみに、ここに1つ広告を記載すると、記事のページの右上に1つと記事の下に2つの合計3つ同じ種類の広告が表示されていました。

自動広告のコードを<head>タグ部分に埋め込む

<head>タグ部分に埋め込むために、プラグイン「Add Code to Head」をインストールします。

そこに、Googleアドセンスの自動広告用のコードを貼りつけるだけで終了です。

実際に本ブログを確認して、広告が変更されていました。

関連記事

【Amazon API】商品情報が取得できなくなった時の対処方法|2020年4月~

本ブログの Amazon 商品へのリンクは、「AmazonJS」という WordPress のアドオ

記事を読む

WordPress で SSL 化をしてみた【XREA サーバ】

ついに本ブログサイトの SSL 化をしました。その時のメモです。 いつかはしないととは思ってい

記事を読む

【WordPress】広告を横に2つ並べて、table の枠線を消す方法。

今回は、WordPress で広告を横に2つ並べて表示(ダブルレクタングル)する方法を紹介します。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【Python】 DataFrame の特定の列で出現回数をカウントして降順でソートする方法。

Python で DataFrame 型の特定の列を指定して、対象列の

【テキストマイニング】 Amebaブログからデータ取得するための準備。

テキストマイニングを行うために、Ameba ブログ(アメブロ)のデータ

【Linux】 ローカルに Python をインストールする方法。

今回は、Linux サーバに、root 権限なしで、ローカルに Pyt

【Linux】 ファイルの重複した行を削除して、ファイルを結合する方法。

大容量の CSV ファイルの重複した行を削除して、ファイルを結合する処

【画像認識】 Google画像検索結果を取得する方法 【google image download】

今回は、深層学習(DeepLearning)で画像認識をするための画像

→もっと見る

PAGE TOP ↑