【ビットコイン】承認されたブロックを見てみる【ブロックチェーン】

公開日: : 最終更新日:2020/11/19 仮想通貨 , , , , ,

ビットコイン(BitCoin)の公開台帳であるブロックチェーンについて、新たに承認されたブロックの情報を実際に見てみました。

ブロックチェーン技術については、以下にまとめましたので、目を通しておくと良いかもしれません。

・1ブロックに含まれる情報について
【ビットコイン】1ブロックに含まれる情報について調べてみた【マークル木】

・新しいトランザクション(取引)の追加方法について
【仮想通貨】新しいトランザクション(取引)の追加方法【ブロックチェーン】

ビットコインの承認されたブロックの情報について、「BLOCKCHAIN.COM」というサイトで具体的に見ることができます。

https://www.blockchain.com/explorer

ブロックチェーンの情報

承認されたブロックの情報が一覧で表示されます。

「高さ」「ハッシュ」項目がリンクになっているので、クリックすると、そのブロックの詳細情報がみれます。

ブロックの詳細情報

重要そうな情報については赤枠で囲んであります。

ハッシュとノンス

一番上の「ハッシュ」項目の値は、ブロックヘッダーのハッシュ値です。

なお、ハッシュ関数には SHA-256 を用いているので 16進数で64文字となります。

ゼロ「0」が16文字並んでいます。ノンスの値を変えていってこのハッシュ値を探します。これをマイニングといいます。

下部の「ノンス」項目は、ゼロ「0」が16文字並ぶようなハッシュ値を導くための「解」の値となります。

トランザクション数

このブロックに含まれるトランザクション(取引)数を表しています。

この例だと 2968個の取引をこのブロックで承認したことになります。

なお、トランザクションはマークル木(ハッシュ木)で管理されています。

マークル根

トランザクションを管理しているマークル木のルートのハッシュ値となります。

なお、ハッシュ関数には SHA-256 を用いているので 16進数で64文字となります。

トランザクション(取引)情報

このブロックに含まれる全取引が一覧で表示されています。

送り手のアドレスと受け手のアドレスが記載されていて、「→」で示されています。

アドレスは数字の「1」または「3」から始まる英数字の文字列となっています。

12dRugNcdxK39288NjcDV4GX7rMsKCGn6B

39SYmkh2SpAGmEf7qEBpgm9SuhgfsKCCSX

関連記事

【イーサリアム】クライアントソフト geth を使ってみた。

イーサリアムのクライアントソフト geth をインストールして使ってみました。 クライ

記事を読む

【MetaMask】イーサリアムのウォレットを使ってみた【テスト環境】

今回、イーサリアムのウォレットの1つである MetaMask(メタマスク)を使って、テストブ

記事を読む

【仮想通貨】時価総額のランキングを円(JPY)で見る方法。

ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨の時価総額のランキングを 円(JPY)で見れる分かり

記事を読む

【仮想通貨】新しいトランザクション(取引)の追加方法【ブロックチェーン】

仮想通貨で用いられているブロックチェーン技術において、新しいトランザクション(取引)をどのよ

記事を読む

【ビットコイン】 アドレス生成方法について調べてみた。

仮想通貨の1つであるビットコインを送金するときは、送付側と受け手側のそれぞれのアドレスが必要

記事を読む

【Solidity】 イーサリアムでコントラクトを生成してみた。

スマートコントラクトプログラミングの高級言語の1つである Solidity を使って、イーサ

記事を読む

【仮想通貨】デジタル署名について調べてみた【ブロックチェーン】

ビットコインなどの仮想通貨のブロックチェーンで用いられているデジタル署名(Digital s

記事を読む

【イーサリアム】 ホリエモンが2014年当時にイーサリアムの可能性に気付いていた!?

ホリエモンこと堀江氏が、2014年の自身のブログで「イーサリアムやべぇ。。。」というタイトル

記事を読む

【イーサリアム】 ハッシュ関数(Keccak-256)について調べてみた。

仮想通貨の1つであるイーサリアムで用いられているハッシュ関数「Keccak-256」について

記事を読む

【ビットコイン】ハッシュ関数(SHA-256・RIPEMD-160)について調べてみた。

ビットコインなどの仮想通貨で使用されているハッシュ関数(hash function)という技

記事を読む

【TensorFlow】GPUを認識しない時の対処方法【Python】

TensorFlow で GPU を認識させようとしたときにハマってし

【耳コピ】音楽ファイルを楽器ごとに分離する方法【Spleeter:フリー】

今回は、mp3 などの音楽ファイルをボーカル、ベース、ドラムなどの楽器

【Chainer】手書き数字認識をしてみた【Deep Learning】

Chainerを用いて、ニューラルネットワークを構築し、手書き数字認識

【Spyder】引数のあるスクリプトを実行する方法。

Python の統合開発環境(IDE)である Spyder では、簡単

【Anaconda】Prompt 上で Git コマンドを実行する方法。

Anaconda のコマンドプロンプト(Anaconda Prompt

→もっと見る

PAGE TOP ↑