【仮想通貨】新しいトランザクション(取引)の追加方法【ブロックチェーン】

仮想通貨で用いられているブロックチェーン技術において、新しいトランザクション(取引)をどのように既存のブロックチェーンに組み込んでいくのか、ということについて調べてみました。

1つだけ存在する公開台帳であるブロックチェーンに、新しい取引(仮想通貨の移動)を追加するのはどのような手順で行っているのでしょうか?

ちなみに、トランザクション(取引)は、ビットコインの場合「AさんからBさんへ X(BTC)移動する」といったような指示のことです。

複数のトランザクション(取引)をまとめて管理したものを「ブロック」とし、ブロック単位で承認され、ブロックチェーンに組み込まれていきます。

1ブロックの内容の詳細については以前まとめました。
【ビットコイン】1ブロックに含まれる情報について調べてみた【マークル木】

具体的な手順は以下のようになります。

  1. 1つ前のブロックヘッダーのハッシュ値を求める(ただし、すでに作成済)。
  2. 新しく追加された複数のトランザクションからマークル木を作成する。
  3. 「1.」で作成した「ブロックヘッダー参照ハッシュ値」、2.で作成した「マークル木ルートのハッシュ値」、ノンスなどを用いて新しいブロックヘッダーを作成する。
  4. 「3.」で作成した新しいブロックヘッダーへのハッシュ値を求める。

 

ビットコインの場合は、1.もしくは 4.の「ブロックヘッダーのハッシュ値」を求めるときに、64文字のハッシュ値のうち、最初の16桁の値が全て「0」になるように「ノンス」の値を調節しなければなりません。

具体的なハッシュ値は以下のようになります。

00000000000000000007ba1e67d3f54a6e404aad5f573418f77238213ec861ed

合計64文字で、最初の16文字が全て「0」になっていることが確認できます。

ブロックヘッダーのハッシュ値は SHA256 を用いているので、256ビットとなり16進数で表されているので合計64文字となります。

また、ノンスはランダムな 32ビットの値です。ノンスを色々と変えていって、最初の16桁が全て「0」になるような値を見つけなければブロックをブロックチェーンに追加することができず、トランザクション(取引)も承認されません。

この最初の16桁が全て「0」になるようなブロックヘッダーのハッシュ値を求める作業が「マイニング(採掘)」と呼ばれるものです。

そして、マイニングにより、一番最初にハッシュ値を見つけたユーザに報酬(例えばビットコイン)を与えることを Proof of Work(PoW)といいます。

マイニングや PoW については、また改めてまとめたいと思います。

参考図書

関連記事

【ビットコイン】承認されたブロックを見てみる【ブロックチェーン】

ビットコイン(BitCoin)の公開台帳であるブロックチェーンについて、新たに承認されたブロックの情

記事を読む

【仮想通貨】ハッシュ関数(SHA-256)について調べてみた【ブロックチェーン】

ビットコインなどの仮想通貨で使用されているハッシュ関数(hash function)という技術につい

記事を読む

【ビットコイン】1ブロックに含まれる情報について調べてみた【マークル木】

ビットコインなどの仮想通貨では、トランザクション(取引)の束を「ブロック」という単位で扱い、「ブロッ

記事を読む

【仮想通貨】トランザクションについて調べてみた【ブロックチェーン】

ビットコインなどの仮想通貨では、取引をトランザクションで記述されます。 そのトランザクションの

記事を読む

【仮想通貨】時価総額のランキングを円(JPY)で見る方法。

ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨の時価総額のランキングを 円(YEN)で見れる分かりやすいサ

記事を読む

【仮想通貨】デジタル署名と公開鍵暗号の違いは!?

ビットコインなどの仮想通貨のブロックチェーン技術で用いられている「デジタル署名」「公開鍵暗号」につい

記事を読む

【イーサリアム】日本円のチャートで比較する方法【イーサリアム・クラシック】

イーサリアム(Ethereum)は、2020年時点で、時価総額がビットコインに次ぐ第2位の仮想通貨で

記事を読む

【仮想通貨】デジタル署名について調べてみた【ブロックチェーン】

ビットコインなどの仮想通貨のブロックチェーンで用いられているデジタル署名(Digital signa

記事を読む

【Python】 DataFrame の特定の列で出現回数をカウントして降順でソートする方法。

Python で DataFrame 型の特定の列を指定して、対象列の

【テキストマイニング】 Amebaブログからデータ取得するための準備。

テキストマイニングを行うために、Ameba ブログ(アメブロ)のデータ

【Linux】 ローカルに Python をインストールする方法。

今回は、Linux サーバに、root 権限なしで、ローカルに Pyt

【Linux】 ファイルの重複した行を削除して、ファイルを結合する方法。

大容量の CSV ファイルの重複した行を削除して、ファイルを結合する処

【画像認識】 Google画像検索結果を取得する方法 【google image download】

今回は、深層学習(DeepLearning)で画像認識をするための画像

→もっと見る

PAGE TOP ↑