【MySQL】char と varchar について色々調べてみた。

公開日: : MySQL , , , , ,

MySQL の設定をしていて、char にするべきか varchar にするべきか、また、() で指定する文字数は何が最適なのか分かっていなかったので、色々と調べてみたときのメモです。

char

char 型は、文字列を格納する固定長のデータ型となります。

固定長なので、例えば car(10) とすると必ず 10 バイト分の領域が確保されます。で、実際のデータが格納されるときは、10 バイトのうちの空いた部分(文字列以外)にはスペースが格納されることになります。また、文字数は 0 ~ 255 まで設定可能となります。

そのため、データの長さがある程度決まっているもの(氏名やIDなど)に対しては 、char 型を使う方が良いみたいです。

varchar

varchar 型は、文字列を格納する可変長のデータ型となります。

可変長なので、例えば varchar(11) としても、実際の文字列が入ったバイト数しか確保されません。ただし、1 バイト分は文字数を格納するために使われます。そのため、最大 10 文字のデータの場合、varchar(11) として設計し、1バイト余分に必要となります。また、文字数は 0 ~ 65535 まで設定可能となります。

なので、データの長さがばらばらのものを扱う場合は、varchar 型を使う方が良いみたいです。

文字数の指定について

char 型 と varchar 型 の文字数の指定についてです。今まで何が最適なのか悩むことが多かったのですが、かなりシンプルでした。

char 型は、対象データの最大文字数を指定

char 型は、固定長なので、対象データの取りうる最大値のぎりぎりの値を指定するのが良いです。

varchar 型は、varchar(255) と指定

varchar 型は、254文字までのデータなら varchar(255) としておけば問題ないようです。それは、可変長のため、実際に入ったデータ分しか容量を消費しないので、長めに文字数を指定しても大丈夫だからです。

varchar(255)と varchar(256) の違いについて

varchar(255) と varchar(256) の違いについても調べてみました。

varchar の説明のところで、「1 バイト分は文字数を格納するために使われます」と書きましたが、 varchar(256) とすると、その文字数を格納するために、2 バイト分必要になるようです。なので、varchar(256) とすると varchar(255) より 1バイト分長く容量を消費するにもかかわらず、実際に格納できる文字数はどちらも 254文字となります。

そのため、ほとんど違いはありませんが、特に理由がなければ varchar(255) としておくのが良いみたですね。

関連記事

【MySQL】データベースを作成し、テーブルを追加する方法。

Windows 環境で MySQL のデータベースを作成し、テーブルを追加したときのメモです。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【Python】pip3 で「cannot import name ‘main’」エラーが出たときの対処法。

Python でライブラリをインストールする際に、pipを使います。

【mecab-python3】parseToNode で surface が正しく取得できないときの対処法。

python3 で mecab-python3 を使うと、parseT

【Python】形態素解析器 Mecab を Linux(Ubuntu)で使ってみた。

Linux の Ubuntu OS に、形態素解析器 Mecab をイ

【Python】NLTK(自然言語処理ライブラリ)を使ってみた。

Python の自然言語処理ライブラリである NLTK を Linux

【Python】OpenCV を使って顔画像を検出してみた。

OpenCV のインストール Numpy のインストール [c

→もっと見る

PAGE TOP ↑