【Python】 複数の辞書型の同じ key を持つ value を計算に用いる方法。

公開日: : 最終更新日:2020/06/06 Python , , , , , ,

Python で、複数の辞書型を読み込んで、同じキー(key)を持つ数値(value)を計算に使う方法を紹介します。

以下のような2つの辞書型があるとします。

●辞書型の「f_count」

●辞書型の「t_count」

この2つの辞書の共通する key の数値(value)同士を足し算したり割り算したりして、最終的に 割合 を算出します。

まず、複数の辞書(dict)からキー(key)を取り出すには、「f_count_dict.keys() | t_count_dict.keys()」のように、「|」でつなぎます。

dict から key を指定して value を取り出す方法は2つあります。

今回は、片方にしか存在しない key が出てくるので、dict[key] で取り出すとエラーになってしまいます。なので dict.get(key) を使います。

また、後々計算ができるように value を int型に変換します。

「or 0」としているのは、key が存在せず None となったときに数値の「0」を入れるためです。

結果は以下のようになりました。

辞書型に格納するには、setdefault 関数を使います。

setdefault( key, value ) とすると辞書に追加できます。

関連記事

【Python】時系列データ(為替データ)をグラフ表示してみた。

今回は、pandas・matplotlib ライブラリを使って、時系列データ(為替データ)をグラフ表

記事を読む

【Pandas】 DataFrame で2行の列ごとの差を計算する方法【Python】

今回は、Pandas の DataFrame で、2行間の列ごとの値の差を計算し、その結果を Dat

記事を読む

【Python】Requests ライブラリを使って Web ページを取得してみた。

python の標準ライブラリ urllib を使っても Web ページの取得はできるのですが、Re

記事を読む

【Python】Beautiful Soup を使ってスクレイピングする方法。

Beautiful Soup は、シンプルでわかりやすい API でデータを抜き出せる Python

記事を読む

【Pandas】 loc・ilocで1行のみ Series ではなく DataFrame で抽出する方法。

Python の Pandas で DataFrame から loc や iloc を使って行を抽出

記事を読む

【Pandas】 DataFrame のある列の最大値を含む行のインデックス値を取得する方法。

今回は、Pandas の DataFrame において、ある列で最大値を求めて、その最大値をもつ行に

記事を読む

【Atomエディタ】Python 開発用にインストールしてみた。

Python でプログラミングするときの エディタ を探していたのですが、とりあえず Atom とい

記事を読む

【Atom エディタ】Python で Matplotlib のグラフを Atom 上に表示させる方法。

Atom エディタで Python の Matplotlib ライブラリを使って、Atom 上にグラ

記事を読む

python 2.7 を Windows 64bit OS にインストールした。

python 2.7 を Windows にインストールしたときのメモです。 Python に

記事を読む

【Python】Windows で ライブラリ(NumPy) をインストールする方法。

Windows の Python(2.X系)で NumPy をインストールしようと思ったら、そもそも

記事を読む

初心者でも分かるビットコインの仕組みについてまとめてみた。

ビットコインは,時価総額が1位で最も有名な仮想通貨です. 仮

【LaTeX】 見出し付き箇条書きを右にずらす方法【数式の変数説明】

今回は、LaTeX で見出し付き箇条書きの全体の位置を右にずらす方法に

【LaTeX】 余白部分を設定しレイアウトを確認する方法。

今回は、LaTeX の余白部分のレイアウトの変更方法とレイアウトの確認

【LaTeX】 レポートや論文の表紙のテンプレート。

LaTex を使ってレポートや論文を書くときに、表紙をつけると思います

【DTM】 Cubase AI でギターやベースを録音する方法。

今回は、DTM のための DAWソフト Cubase AI でギター(

→もっと見る

PAGE TOP ↑