機械学習の手法のまとめ。

機械学習は、「与えられた入出力事例をモデル化する行為」のことで、ディープラーニングなどで注目を集めています。

機械学習には、大きく分けて、

  • 教師あり学習
  • 教師なし学習
  • 強化学習

の3つがあります。

機械学習アルゴリズムをカテゴリ別にまとめたマインドマップを作ってみました。
(正しい保証はありませんが、なんとなくカテゴライズしてみました。)

それぞれの分野について、一覧を示して、勉強した手法からリンクを貼っていきたいと思います。

教師あり学習

教師あり学習とは、それぞれの事例に正解が与えられており、それらを正解に近くなるように学習していく、というものです。

応用分野としては、手書き文字認識やスパムメールの検出などがあります。

教師なし学習

教師なし学習とは、正解は与えられず、データ間の関係を学習する手法のことです。

教師なし学習は、おおまかに分けて、次元削減系クラスタリング系の2つがあるように思います。

  • クラスター分析
  • 主成分分析
  • 自己組織化マップ

強化学習

強化学習とは、「行動に対する報酬」が与えられ、試行錯誤によって良い政策を学習していく手法のことです。

関連記事

【Weka】アソシエーション・ルール(association rule)【機械学習】

フリーの機械学習ツール Weka でアソシエーション・ルール(association rule)を使

記事を読む

【機械学習】パーセプトロン(Perceptron)について。

パーセプトロンは、教師あり学習の中でも、入出力モデルベース(eager learning:働き者の学

記事を読む

【機械学習】決定木(decision tree)について。

教師あり学習の一つである決定木(desicion tree)について勉強したことを書いていきます。

記事を読む

【TensorFlow】GPUを認識しない時の対処方法【Python】

TensorFlow で GPU を認識させようとしたときにハマってしまったので、その対処方法のメモ

記事を読む

【Weka】欠損データを自動的に補完するフィルタを使ってみた。

機械学習で用いるデータについてです。データは完璧なことに越したことはないが、通常は、ある属性の値が入

記事を読む

【転移学習】学習済みVGG16 による転移学習を行う方法【PyTorch】

今回は、PyTorch を使って、学習済みのモデル VGG16 を用いて転移学習をしてみました。

記事を読む

【画像認識】 Google画像検索結果を取得する方法 【google image download】

今回は、深層学習(DeepLearning)で画像認識をするための画像データの収集を、Google画

記事を読む

【PyTorch】GPUのメモリ不足でエラーになったときの対処方法。

PyTorch で深層学習していて、 GPUのメモリ不足でエラーが出てしまったので、対処方法のメモで

記事を読む

【機械学習】 scikit-learn で不正解データを抽出する方法【Python】

Python の scikit-learn ライブラリを使って機械学習でテストデータを識別(2クラス

記事を読む

【深層学習】 TensorFlow と Keras をインストールする【Python】

今回は、Google Colaboratory 上で、深層学習(DeepLearning)フレームワ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【転移学習】学習済みVGG16 による転移学習を行う方法【PyTorch】

今回は、PyTorch を使って、学習済みのモデル VGG16 を用い

【PyTorch】畳込みニューラルネットワークを構築する方法【CNN】

今回は、PyTorch を使って畳込みニューラルネットワーク(CNN)

【PyTorch】ニューラルネットワークを構築する方法【NN】

今回は、PyTorch を使って、ニューラルネットワーク(NN)を構築

【OpenCV】検出した顔画像部分を切り出す方法【Python】

OpenCV を使って、Python で画像の中から顔部分を切り出した

【Fashion-MNIST】ファッションアイテムのデータセットを使ってみた【TensorFlow】

今回は、機械学習用に公開されているデータセットの1つである「Fashi

→もっと見る

PAGE TOP ↑